プラセンタの副作用

プラセンタはもともと動物の胎盤で、プラセンタに含まれている成分はもともと人間の体内に存在しているものばかりなので、プラセンタを摂取しても基本的に副作用が起こる心配はないと言われています。しかし動物性のプラセンタに含まれている動物ホルモンによりアレルギーを起こしてしまう人もいます。アレルギーの症状としては、湿疹やかゆみやかぶれなどがありますが、アレルギーを起こす発症率は非常に低くなっていて、それほど深刻な状態にはならないと言われています。
プラセンタ商品を摂取してアレルギーを起こす場合は、プラセンタ単体でアレルギーを起こしているのか、その他の原因と組み合わさることで起きているのかがまだはっきり分かっていない部分もあります。そしてアレルギーを起こす場合は免疫力が弱くなっている場合や、身体が弱っている場合に多いと言われています。どうしてもアレルギーが心配な人は、最近では植物性のプラセンタや安全性が高いプラセンタがたくさん販売されているので、それらの商品を選んで使用することをおすすめします。
その他の副作用としては、摂取量が多いことでニキビや胸焼けなどの症状を起こす場合もあるので、プラセンタに関わらず、どんなものでも取り過ぎには十分に注意するようにして下さい。

注目の記事

プラセンタの効果

記事を読む

プラセンタの種類

記事を読む

プラセンタの摂取方法

記事を読む