プラセンタの種類

プラセンタとは胎盤のことなので、当然人間以外にも胎盤を持つ生物の数だけいろいろなプラセンタが存在します。その他にもプラセンタには植物由来の植物性プラセンタもあって、もちろん植物には胎盤はないのですが、植物の発芽の時に杯となる部分にある胎座が胎盤の役割をするために、それが植物性プラセンタと呼ばれています。
ここでは動物性プラセンタについて説明しますが、動物性プラセンタとして多く利用されているものには、人由来のものと、豚由来のものと、羊由来のものと、牛由来のものと、馬由来のものなどがあります。この中で人由来のものは手に入れることが難しいこともあり、医療用としてだけ生産されていて、現在最も化粧品やサプリメントなどに使用されているのが豚プラセンタとなります。
豚プラセンタは最も生産しやすいのと人間のプラセンタに近い成分ということで、一番利用されています。動物プラセンタの中で最近注目されているものが馬プラセンタで、馬プラセンタは豚プラセンタよりもアミノ酸が豊富に含まれていて、さらに成長因子も豊富であり、人間と同じように胎盤が臓器として作られていて、含まれる栄養素も非常に質の良いものとなっていて、特にサラブレットのプラセンタはアミノ酸の量も豊富で質が良いと言われて、高い効果を期待できるようになっています。


注目の記事

プラセンタの効果

記事を読む

プラセンタの種類

記事を読む

プラセンタの摂取方法

記事を読む